Page: 1/1   
太陽光発電促進付加金単価の決定
昨年11月より太陽光発電の新たな買取制度がスタートした。この制度では住宅用太陽光発電の余剰電力の買取価格を2倍として太陽光発電の普及を促進させ、しいては関連産業の雇用増大など経済効果を期待することがねらいです。
買取にかかる費用は、電気を使用するものから薄く、広く負担することになっており、4月から電気料金に太陽光発電促進付加金なるものが誕生する。
電気料金に電力使用量に応じて太陽光発電促進付加単価を乗じた金額が追加されることになる。

中部電力は本年4月からの太陽光発電促進付加単価は0銭と発表された。4月〜3月の期間で算出されるため実際的には23年4月から付加されることになる。

中電のプレスリリース→こちら
| sogadenki | 16:30 | - | - | - | - |
燃料費調整制度の変更
5月分の電気料金から燃料費調整制度が変更になります。
(1)料金反映の仕組みの変更
燃料価格の変動を電気料金に反映するまでの期間を現行の3ヶ月から2ヶ月に短縮し、3ヶ月分の平均燃料価格を毎月反映する仕組みに変更いたします。
(2)燃料費調整を行わない範囲の廃止
燃料価格の基準燃料価格からの変動が一定の範囲内(±5%)にとどまる場合に調整を行わない仕組みを廃止いたします。

詳細は中電プレスリリース参照→こちら
| sogadenki | 22:08 | - | - | - | - |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Profile

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode