Page: 2/2  << 
主任技術者制度の解釈及び運用(内規)一部改正
経済産業省の「主任技術者制度の解釈及び運用(内規)」 が一部改正されました。(H21.5.1付)
主な改正内容は(委託契約書に明記された者による保安管理業務の実施等)の項で
改正前は点検者の本人確認や身分証明書の掲示、報告、記録の保存等は定められていたが、改正により以下が追加された。
(4)規則第53条第2項第5号の「事業用電気工作物の工事、維持及び運用の保安に関し、設置者及び委託契約の相手方の相互の義務及び責任が委託契約に定められていること」は、次の,らΔ泙任坊任欧觧項を委託契約書等から確認できることとする。
外部委託に係る自家用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の確保を、次のイからホまでに掲げる基本原則に従って行うこと。
月次点検を、次のイからハまでに掲げる要件に従って行うこと。
年次点検を、月次点検に係る△陵弖錣鵬辰─⊆,離さ擇咼蹐坊任欧詬弖錣暴召辰胴圓Δ海函
工事期間中は、上記▲い膨蠅瓩覲梓囘生,鮃圓ぁ⊆家用電気工作物の施工状況及び技術基準への適合状況の確認を行うこと。
低圧電路の絶縁状況の適確な監視が可能な装置を有する需要設備については、警報発生時(警報動作電流(設定の上限値は50 mAとする。)以上の漏えい電流が発生している旨の警報(以下「漏えい警報」という。)を連続して5分以上受信した場合又は5分未満の漏えい警報を繰り返し受信した場合をいう。以下同じ。)に、次のイ及びロに掲げる処置を行うこと。
事故・故障発生時に、次のイからニまでに掲げる処置を行うこと。

この改正により、点検などについてより具体的な内容が規定され、契約書にてこの内容が確認できるようしなければならなくなりました。
電気保安管理業務の委託についてより規制が強化されたといえます。

自家用電気工作物の標準的な点検項目について→こちら
内規の全文は→こちら
| sogadenki | 22:48 | - | - | - | - |
感電事故防止
20年度になってから8件の感電事故が発生しています。中部近畿産業保安監督部より注意喚起を呼びかけています。→こちら
| sogadenki | 18:26 | - | - | - | - |
19年電気事故の概要
中部近畿産業保安監督部のホームページに平成19年度自家用電気工作物の事故概要が公開されています。→こちら
| sogadenki | 18:19 | - | - | - | - |
19年度自家用電気工作物の立入検査結果
中部近畿産業保安監督部ホームページに平成19年度自家用電気工作物の立入検査結果が公開されています。→こちら
| sogadenki | 18:15 | - | - | - | - |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode